スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディコム・トイ 「RAH 高町なのは エクセリオンモード」その1

DPP_0150.jpg
今回はこちら、メディコム・トイ 「RAH 高町なのは エクセリオンモード」その1 です。

カテゴリは、普通に考えればフィギュアだとは思うんですが。
メガハウスのアクションフィギュアコレクションシリーズとか、レジーニャの
ポートレートコレクションシリーズと同様に考えていますので、あえてドールカテゴリに
分類しました。

DPP_0114.jpg

DPP_0115.jpg
4面。 ジャケットの肩には詰め物がしてあり、この形状を維持します。
仁王立ち状態ですが、ジャケット、インナー共に脇に縫い目などが集中しており、
これ以上脇が閉まりません。

コスチュームはすごく凝った作りですが、凝り過ぎた弊害として、腕の可動に
すさまじく干渉します。 布服は可動を遮らない、とは限らないのですな。

DPP_0118.jpg
上半身。
ジャケットの胸元はマジックテープ止めなのですが、サイズがかなりタイトで、
どうしても浮いてしまいます。 よく出来ているだけにもったいない。
各所の赤い宝石? はほぼすべてクリアパーツを使用。
金色のパーツなど、個々の部品は本当によく出来ています。

DPP_0119.jpg
肩~腕アーマー。
青いラインは基本プリントですが、肩部分のみ樹脂パーツになっています。

アーマー部分はメタリック塗装で非常に綺麗です。

DPP_0120.jpg
スカート。 スカートとジャケットの裾には針金が仕込んであり、表情付けが可能。
また、スカートには厚紙か何かが仕込んであるようで、ある程度の形状を保持
します。

末端の三角は切りっぱなし。 この辺にメディコムクオリティが(^^;

DPP_0121.jpg
ブーツもクリアパーツとメタリック塗装。

DPP_0125.jpg
腕アーマーは、内側に貼り付けたスポンジのテンションで引っ掛けてある
だけなので、スポッと外れます。

DPP_0126.jpg
ジャケットを脱いでインナーに。 胸アーマーは前のみです。
なのはのジャケット無し状態、背中側の設定画を見たことないのですが、
これで設定通りなんでしょうか?

DPP_0129.jpg
アーマー自体の塗装などは綺麗。 ここのみ、宝石はクリアパーツでなく
メタリック塗装です。
腰の黒いベルトっぽいパーツはどこにも固定されていないので、簡単に上下して
しまうのが難点。

DPP_0130.jpg
付属のハンドパーツ、レイジングハートエクセリオン、ストライクフレーム用
差し替えパーツ。
ハンドパーツは、MGM系同様に豊富に付属しています。
ただし、すべてグローブ状態で素手は無し。
グローブの手首には黒いリングを挟みこみます。

DPP_0133.jpg
アクセルフィンは、靴底の青い部分を丸ごと差し替える方式。
そのため、ブーツは複数パーツで構成されています。

DPP_0122.jpg
表情は3種。 真顔、叫び、微笑み。
前髪はボリュームを左右で変えたものが2種。
画像では叫びのみ向きを変えてみました。

設定画にはかなり忠実だと思います。 チョイスもなのはさんらしい感じ。
スケールフィギュアであれば、ちょっと情報量不足と感じたかもしれませんが、
アイプリもキレイで眼力ありますし、かわいいというか、かっこいいです(^^

DPP_0135.jpg
顔、髪の交換はfigma辺りとほぼ同じ発想。
ヘッドの接続はMGMまどマギシリーズと同様のネジ止め式で、首可動の
関節カバーパーツが挟んであるのも同様です。

DPP_0136.jpg
この関節カバーパーツ、まどか辺りだとうまく機能しておらず、逆に表情
パーツに引っかり、顔面が外れてしまったりしていたのですが、かなり進歩
しています。
画像で目いっぱい上を向いた状態ですが、ラインが破綻しないようになっています。

飛行ポーズが似合うキャラなので、上向きが得意なのはグッド。

DPP_0137.jpg
首を引いた状態のうなじ。 めいっぱい下げると、若干カバーパーツの端が
見えますが、上下調整で隠せそうです。

DPP_0138.jpg
可動アーム式のスタンドと、魔方陣エフェクトシート。
魔方陣は、本当にただの板なので、使い方は各自工夫しろ、ってことでしょうか。

DPP_0139.jpg
レイジングハートを持って、なのはさん降臨。

DPP_0140.jpg
相棒にもクリアパーツが使用され、非常に良い出来です。
ただ、関節の保持力に対して重い。 重すぎる。
片手で持たせると、手首の関節が負けるのでまったくポージングできません。

DPP_0141.jpg

DPP_0142.jpg
スタンドアームで飛行ポーズ。

かなりふらつくので、このまま飾るのはちょっと無理がありますが、一応
保持できています。
ちなみに、アクセルフィンをつけるとこれまた足が非常に重くなるため、股関節が
負けます。

DPP_0144.jpg
これが!
DPP_0145.jpg
私の!
DPP_0146.jpg
全力全開!

レイジングハートの各所を交換し、ストライクフレーム展開できるのですが、
これがまたデカイ重い。 両手で持たせても保持不可能。
現在の私の撮影環境では、構えた状態でフレームに収めることができませんorz

DPP_0147.jpg
仕方がないのでレイハさんだけ撮ってみました。
台座からサイズを想像できるでしょうか。


DPP_0148.jpg

DPP_0143.jpg
悪魔と呼ばれる小学3年生。

DPP_0149.jpg
真顔のなのはさんは割と怖いよねマジで。

DPP_0151.jpg
以上、RAHなのはさんの、その1でした。

その2では、MGMシリーズから変わった素体をレビューしてみたいと思います。
素体が気になるのはドール者の宿命なのだ。

おまけ。

DPP_0152.jpg
ピンクです。 MGM系の切りっ放しと違い、ちゃんと末端処理もされていました。
ちょっとほつれているのは、スカートのマジックテープ引っ掛けちゃったせいです(^^;
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木曽 秀平

Author:木曽 秀平
気分次第で色々するブログ?

リンクはフリー、連絡不要ですが、コメント・Twitterで一声かけていただけますと私が喜びます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
リンク
最新コメント
検索フォーム
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。