スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイ S.H.フィギュアーツ キュアマリンSS(その2)



さて、前回は別のエントリーを挟みましたが、前々回の続き。
「バンダイ S.H.フィギュアーツ キュアマリンスーパーシルエット」その2です。

早速ですが、今回はノーマル用ボーナスパーツから。
まずは妖精マントです。

不織布のマントをPVC製マント基部で挟み込む形で、ブロッサムSS付属のものと
まったく同じ構成。
マントがやや残念な質感なのも同様。 首周りのマント基部はPVCで作られて
いるので、手ごろな布でマント部分のみ自作するのもアリですかね。


マント基部は、左側にハートの意匠あり。

ボーナスパーツの1つとして、左の持ち手も付属しており、左手でマリンタクトが
持てます。


これまたブロッサムと同じボーナスパーツ、目閉じ顔と祈り手。
肌の色が若干ノーマルと異なる点も同じくです。


どっかん顔。 非常に「らしい」というか。
ハートキャッチはこういう、顔芸的な表情が多かった印象です。


アップで。 この表情良く出来てます(^^


最後に大物パーツ「ブルーフォルテウェイブエフェクト」。
素材やクリップを使用した保持など、こちらもブロッサムと同じですね。


良く出来ていますし、迫力あるんですけど、この状態で飾っておくには場所取りすぎ
かもです。

以下、再びスーパーシルエットに戻って。


タクトを手でクルクル回す動作は、まぁ玩具販促の関係もあったかもしれませんが、
なかなかシュールな絵面だったような。


ブロッサムと比べると、髪のボリューム自体はどちらも甲乙付けがたいところですが、
髪型のせいで左右バランスが不安定なブロッサムよりは、マリンのほうがまだ扱いやすい
気がします。


ぱんちー。
アームで掴む場所がないので、なかなか派手なアクションが付けづらい。


以上、2回に分けましたがキュアマリンスーパーシルエットでした。
パワーアップフォームだけあり、元デザインがごちゃっとしていることを考えれば、
可動範囲も非常に広く、完成度は高いと思います。

ただ、ブロッサムの時を含め何度か言っていますが、とにかく「クリップ型アームの
使用が前提なのに、『掴む』場所がない」ことがストレスです。
もう、素直にジョイント穴開けたらいかがでしょうバンダイ様。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木曽 秀平

Author:木曽 秀平
気分次第で色々するブログ?

リンクはフリー、連絡不要ですが、コメント・Twitterで一声かけていただけますと私が喜びます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
リンク
最新コメント
検索フォーム
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。