スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボークス ココロ図書館 こころ



本日の被写体は、本ブログ初のボークス製キャラドール~。
「ボークス 1/6”ココロ図書館” こころ」です。

「ココロ図書館」は連載当時、メディアワークスが結構推しててアニメ化もした
マンガです。 このキャラドールもアニメグッズの一環で発売されたものですね。

ちなみに、こころ役はデビュー後間もない斎藤千和さんでした。
斎藤千和さんはすっかり有名になりましたねー。

正面、背面から。
デフォルトボディはEB-Miniですが、撮影時はオビツ23へ交換してあります。


デフォルトOF~。
このメイド服っぽいドレス、何か元ネタというか、原型になる服があるんでしょうか?
可愛らしい意匠なので、連載当時から気になっているんですが。

OFの出来自体はそれほど良いとは言えないですね。
糸ほつれとかが結構目立ちますし、首が埋まり気味になってしまいます。


髪にはリボンが各所に。
こころのトレードマークなので必須ではあるのですが、これが厄介で(==

サイド髪、後ろ髪のリボンは本当に結んであるだけなのですぐに解けますし、
前髪の大きなリボンは、この形に作られたものをヘアピンで取り付けるわけ
ですが、ちょうど良い場所が分け目の部分なので、髪が乱れる原因に
なりがちです。
また、前髪リボンはかなり大きめで、角度によっては簡単に顔を隠してしまう
問題児。 非常に可愛らしくはあるんですけどねぇorz


後ろ髪の大きなリボンは、髪にリボンを結びつけた後、リボンにヘアピンで
取り付けます。

また、この後ろ髪の結び目が、中心線から外してあるのがこころの特徴ですね。


靴はリボン造形らしきものがあります。


サイド髪もストレートに落とすわけでなく、わざとある程度ウェーブがかかるように
結んであります。
原作の設定、というより絵の雰囲気を重視しているのだと思われますが、非常に
凝ってますね。




顔の雰囲気はアイプリントのデザイン含め、初期ボークスそのままな感じ。

元々かなり特徴のある絵を描かれる作者さんなので、この頃の「既存ヘッドを流用する」
やり方では、かなり頑張っていると思います。


どうにも顔が隠れ気味になるので、あえて前髪のリボンを外して。
キャラドールでは無く、普通にドールとして扱う分には、ないほうがラクではあります。




髪は通常のブラウンではなくミックスヘアー。
ここも原作絵の雰囲気重視。 ミックスヘアーは独特の魅力があって好きです。

やっぱりリボン無いほうが、顔そのものは見やすくなりますね。
アイプリントは比較的単純です。

以上、ココロ図書館のこころでした。
「小衣ちゃん言うなーーーーーー!」
それは金の仮面投げる人な。

アニメグッズではありますが、要所要所を見ると、アニメ絵よりも原作絵の再現に
こだわった造りに見えました。
原作者の「高木 信孝」さんの絵は好きなので、この方向性は嬉しかったですね。

「こころ」「あると」「いいな」3姉妹のうち、「いいな」だけは髪の再現が好みでなかった
のでスルーしましたが、あるとお姉ちゃんはいずれ撮影しようと思っています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
5,000アクセスありがとうございました~。
今後も、気が向いた時だけでもお越しいただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木曽 秀平

Author:木曽 秀平
気分次第で色々するブログ?

リンクはフリー、連絡不要ですが、コメント・Twitterで一声かけていただけますと私が喜びます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
リンク
最新コメント
検索フォーム
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。