スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

figmaヴィータと”くらがり渓谷”へ! その2



早速、先日の続きから~。
ヴィ「よし、んじゃさくさく登るぞー。」

ヴィ「軍艦岩?」
まぁ、それっぽく見えるねぇ。


ヴィ「川辺だから、コケがいっぱいだな。」


急流ってわけじゃないんだけど、figmaサイズだとあっという間に流されそうだ。
ヴィ「頼むから落とすなよ! ちげーよフリじゃねーよ!!」


ヴィ「川辺へ降りるときもちーなー。」
このショットの際、ファインダーが覗けない体制だったのでライブビューを使った
のですが、何度ヴィータの顔に合わせてもフォーカスが合わず。
背景が明るすぎるとそっちへ引っ張られるのね、と思いながらMF撮影。
こういう場合はバリアングル液晶欲しいですな。




ボケすぎるとどこで撮ってるかさっぱり。
背景を含めた見せ方を勉強していかないと。


ヴィ「ま、何事も経験ってことだな。」


木々が結構高い~。 緑がほとんど飛んじゃってるなぁ。


ヴィ「たまには木々を見上げるのもいいもんだなー。」


水を撮る場合はシャッタースピード上げたりするといいのかな?


ヴィ「登り始めてから、結構経ったなー。」


と、半分も登っていないのですが、なにせろくな準備も無く「買出しのついでにちょっと」
気分で出てきたもので、この辺りで本日の下見は終了とすることに。
ヴィ「ついで気分で見て回れる場所じゃなかったな。」


ほんとに普通の山道なので、花などを絡めた撮影が出来るような場所はない感じ
でしたが、川辺は結構広いところもあり。

人通りもそう多くはないですし、川辺へ降りて撮影する分にはハイキングする人たちの
邪魔になることもなさそうで。
水辺での撮影にはなかなか良さげでしたので、次はきちんと準備して行ってみたいと
思います。
あと、今回はK-rを持ち出していったのですが、やはりこういう場所では体勢的に
ライブビュー頼みなことも多く。 こういうときこそJ1の機動性の出番だったですね。
次はJ1で行こう~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木曽 秀平

Author:木曽 秀平
気分次第で色々するブログ?

リンクはフリー、連絡不要ですが、コメント・Twitterで一声かけていただけますと私が喜びます。

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
リンク
最新コメント
検索フォーム
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。